8月18日(日)に
山口県立萩美術館・浦上記念館にて行いました
中国茶教室の様子です。

雪青茶を楽しむ~蓋碗の使い方


今回の中国茶教室は
まずは山口県・山東省友好協定締結30周年
を記念いたしまして山東省のお茶を楽しんで
いただきました。
山東省の銘茶「雪青茶」。
雪青茶自体が日本に入ってきていないので
それだけでも珍しいのですが、
その雪青茶の新茶の一番良い所だけを
集めて作ったお茶で、通常市場に出回らないお茶です。
雪青茶


更に、ただ単に中国茶を楽しむだけではなく、
中国茶の可能性を追い求め、
山口県立萩美術館・浦上記念館の今展覧会でのみ味わえる
中国茶を超えた「中国茶」をお楽しみいただきました。
オリジナルのお茶 黒烏龍茶 極


他では絶対に味わえない「特別な中国茶の世界」
をご堪能いただけたと思います。
何煎もお茶を楽しみます


現地から特別に仕入れたお茶、
当店が現地でオリジナルで作らせているお茶、
萩美術館限定でアレンジしたお茶、
その他…他では飲めないヒミツのお茶…など…
合計4種類のお茶を楽しんでいただく予定でしたが、
急遽、5種類楽しんでいただきました。
プロジェクターで写真投影~現地の雰囲気を楽しむ


お茶を楽しんでいただきながら、
今回の展覧会の「黄河と泰山」にちなみ、
泰山の様子などをプロジェクターで映し出して
現地の話などを交えまして、
現地に行った気分も楽しんでいただきました。
次回もいろいろと趣向を凝らして
皆様にお楽しみいただけるイベントを
したいと思っております。
萩美術館の展覧会は8/25(日)まで
開催されております。
展覧会用の当店のお茶も同日まで
販売しておりますので、
お時間のある方は
ぜひ萩美術館にお立ち寄りください。

共有する