現在、パン屋さんと共同でお茶を使って作ったパンの開発をしています。

すでに10種類以上試作していくつかは商品化に向けて(一部イベント等で使用中)

着実に実績を重ねてきています。 この「お茶パン」は、

よくある抹茶を使ってお茶の色がついていて風味がするようなものではなく、

本物の茶葉を使用して本格的に「お茶を楽しめるパン」です。

詳しくはホームページも作成中ですので、またご案内いたします。

先日、お客様が毎日食べても、安くてお手頃でおいしいお茶パンの試作の

第1号ができました。

上の写真の黒く見えるところは全て高焙煎・高発酵の烏龍茶です。

こちらも同じく烏龍茶ですが、少し工夫が凝らしてあります。

試食の結果は・・・ヒ・ミ・ツ・・・・ということで・・・。

こんなお茶パンたちを楽しめるイベントがあります!

美術館で開催いたします中国茶教室で2種類のお茶パンを

食べていただきます。

中国茶教室の詳細・お申し込みは下記からどうぞ!

山口県立萩美術館・浦上記念館
海のシルクロードの出発点
“福建”-沈没船、貿易都市、陶磁器、茶文化- 開催記念

中 国 茶 教 室

この教室で食べていただくパンは下の2つです。

・ロックティーズクロワッサン
上質な武夷岩茶(50g/2,000円)を贅沢に使用して作ったクロワッサンです。
クロワッサンの各層にしっかりと岩茶が入っており、
普通の生地や焼き方ではバターが勝ってしまいますが、
このパンは特別な製法で作っているので、お茶の風味をしっかりと楽しめます。
過去に当店のイベントやお茶会で数回登場していますが、毎回評判が良いです。

・ウーロンジャスミンボンジュール
「ヒミツのジャスミンあん」の登場です。
いくつかバージョンがありますが、今回はバージョン1です。
ジャスミンの香りがする餡に驚いてください。
鉄観音を特別な製法で練りこんだふわっふわっの生地との愛称ばっちり!

こんな感じです。

気になる方は中国茶教室に参加してくださいね!

共有する