武夷岩茶 白鶏冠

若芽の葉の周りが細かくギザギザになっていて、茶葉の周囲だけが縁取られたように白く、まるで鶏のトサカのように見えることからこの名前がついたとか。口当たりは優しいのにしっかりと澄んだ味で、さわやかで甘い若木の香が漂います。昔は風土病などの難病にききめがあるとして重宝がられた薬効のあるといわれているお茶です。

共有する