阿里山茶

"台湾中南部の標高2,000m級の峻嶺阿里山。その斜面の1,400m以上を利用して栽培されたお茶です。甘くやさしい香りで、程よくコクがあるのに飲み口はスッキリ。 "

共有する