HACCP衛生管理に対応しました!

当店は食品販売業(茶葉販売)、飲食店をしておりますので、HACCPの考え方を取り入れた衛生管理に対応しました!

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理に対応済

HACCPとは

HACCPとは

食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因を把握(Hazard Analysis:HA)した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程(Critical Control Point:CCP)を継続的に管理・記録し、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法です。

出典、参照:厚生労働省

従来の方法との違いは

従来行われてきた衛生管理の多くは、製品製造にかかわる施設・設備や食品への取扱い方法等を定めて、最終製品が規定した基準を満たしているか製品検査により安全性を確認するものでした。

HACCPによる衛生管理では、工程ごとにあらかじめ危害要因を分析し、特に重要な工程を重点的に管理し、最終製品が安全であることを証明していくものです。

HACCPにより衛生管理を実施するうえでは、当然ながら従来から行っている施設・設備の管理や食品の衛生的な取扱い等(一般的衛生管理)も実施する必要があります。

出典:公益社団法人日本食品衛生協会

HACCP導入のメリット

HACCPは、現在最も合理的な衛生管理法であることが国際的にも認められており、その導入により、次のようなメリットがあります。

  • 社員の衛生管理に対する意識が向上した
  • 社外に対して自社の衛生管理について根拠を持ってアピールできるようになった
  • 製品に不具合が生じた場合の対応が迅速に行えるようになった
  • クレーム・事故が減少した
  • ロス率が下がった
  • HACCPを求める事業者(小売業者等)との取引先が増えた
  • 生産効率が上がった

出典:公益社団法人日本食品衛生協会

より安全で信頼性のある商品を!

HACCPの考え方を取り入れた衛生管理を実施する事で、今まで以上に商品の取り扱い方や管理が厳密になり、より安全性が高く、信頼できる商品をみなさまにお届けできるようになると思います。

あくまで管理・衛生手法1つではありますが、当店の商品をより多くのみなさまが安心して選んでいただけると考えております。

コメント