2009/4/12企業の交流会で行いましたお茶会の様子です。

中国茶芸館 清風茶房のお茶会で抜群の人気を誇る

「魯肉飯(ルーローハン)」のパンバージョンです。

1~2年前に当店のお茶会で特品鉄観音とプーアール茶で作ったピタパン

の「ルーローピタパン」の会は行いましたが、

今回はパン屋さんの協力を得てオリジナルの烏龍茶パンを焼き上げました。

その名も「凍頂烏龍茶入りボンジュール

たっぷりのサワークリームと烏龍茶の贅沢なパンです。

今までに、岩茶や鳳凰単叢などいろいろなお茶でパンを作ってもらっています。

過去にもイベント等で限定で提供したこともあります。

協力していただいたパン屋さんは、数年来の付き合いで、

当店のお茶の特徴を良く知っていらっしゃる

山口県宇部市にあります「パン・ペルデュ」さんです。

今回はベースの烏龍茶に、当店でダントツ人気の台湾の

無農薬・手摘み・手揉みの「凍頂烏龍茶を使いました。

中でも味と香りの強い2008年冬茶を選択しました。

標高1,200m以上の高山で栽培され、肉厚で丁寧に揺青、揉捻を

行い、花畑のような豊かな香りが時間とともにケーキのような甘い香りに変わり、

渋みがなく甘みと旨味が程よいバランスで口の中に広がり、後口スッキリの絶妙な

仕上がりになっています。

直径8cm程度のパン1個にこのお茶を3gも練りこんであり、

石窯で焼き上げたパン生地からは高山茶の豊かな香りは勿論、

お茶の味もしっかりする柔らかでしっとりとしたパンになりました。

そしてパンにはさむメインの魯肉は、台湾にお茶を仕入に行った時に

現地の某有名レストランの料理長に作り方(レシピ)を

聞いてきたものを日本人向けに独自にアレンジしたものです。

その独自のアレンジに大きな秘密があり、(秘密なので言えませんが・・・)

清風茶房のお茶会で6~7年前から出していますが、

今だにダントツの人気を誇ります!

当店では更に茶蛋(茶卵)をトッピングします。

茶蛋とは、烏龍茶と香辛料で煮込んだゆで卵(煮卵)です。

独自にブレンドした烏龍茶と香辛料と日本人向けに香り付けをアレンジして作ります。

このアレンジにも秘密があるのですが・・・ヒミツです・・・。

上記写真のルーローパンの中の大理石のような模様が入っている卵が茶蛋です。

もう一品は、昔ながらの製法で、醗酵を十分とり熟成された生地に、

新鮮なたまご・牛乳を入れ焼きあげたオリジナルのロールパンに

山口県の長州鶏とごぼうのから揚げをはさんだ「から揚げパン」です。

お茶は台湾高山茶の「阿里山茶」をあわせました。

比較的低発酵で、旨味の強いお茶なので、食事にも合います。

また、デザートして、中国茶芸館 清風茶房の

こだわりの「飲み物」から作ったこだわりの「食べ物」

でご提供しております「drinkmade」の中国茶オリジナルスイーツの中から

・凍頂クッキー
・オリジナルブレンドの烏龍茶マフィン
・中国紅茶を使った水蜜りんごマフィン

の3品とお菓子に合わせるお茶として「茉莉龍珠」をお出ししました。

※注意※

中国茶芸館 清風茶房はお茶を純粋に楽しんでいただくために、

通常はお食事や食べ物は提供しておりません。中国茶専門喫茶店で、お茶のみです。

定期的なお茶会やプライベート茶会等で貸切にしてお食事や食べ物をお出ししています。

 

共有する